税理士会の国民念基金制度
日本税理士国民年金基金 資料請求・お問合せ フリーダイヤル:0120-211952
資料請求フォーム 特定個人情報保護等の取扱いについて 勧誘方針 個人情報保護宣言 サイトマップ
トップページ 国民年金基金について ご加入をお考えの皆さまへ ご加入中の皆さまへ
日本税理士国民年金基金
国民年金基金について
国民年金基金制度とは?
基金の概要
基金の財政
国民年金基金の給付タイプと選び方
確定拠出年金制度(個人型)
Q&A
コラム
国民年金の知識
リンク
  基金の財政
 平成28年度決算・業務報告

 日本税理士国民年金基金は、9月20日に日本税理士会館において第125回理事会及び第62回代議員会を開催し、平成28年度決算、業務報告及び国民年金基金の合併を承認しました。

 平成28年度の運用状況は、イギリスのEU離脱、米国のトランプ大統領誕生により、一時変動性の高い時期があったものの、内外株式は上昇基調で推移し、自主運用分資産は7%のプラスとなりました。また、資産運用委員会においては、引き続き資産の安全かつ効率的な運用を図ることとしています。
 当基金の平成29年3月末の自主運用分資産額は367億円、加入員累計数は1万2千7百人に達しております。

 国民年金基金は、国民年金だけでは足りない部分を補うために、老齢基礎年金への上乗せを図る公的な年金制度であり、生涯受け取れる終身年金が基本となっています。また、支払った掛金の全額が社会保険料控除の対象となるほか、受け取った年金も公的年金等控除が適用されます。
 当基金では、税理士の将来の生活設計をより充実したものとするため、ダイレクトメールによる募集とともに、各税理士会からの協力を得て、一層の加入員拡大に努めて参ります。

バランスシート
決算報告※

資産運用実績※
※決算報告・資産運用実績のページをご覧になるには、
IDとパスワードが必要です。
IDとパスワードを忘れた方等は、当基金までご連絡願います。
連絡先:日本税理士国民年金基金(03-5435-0821)
(IDとパスワードの通知は原則、当基金の加入員又は
受給者とさせて頂いております)
このページのトップへ戻る
> 国民年金の知識 > コラム > Q&A