〜お知らせ〜
■新規の加入で平成29年の社会保険料控除をご希望の方へ
平成29年10月18日(水)までに当基金必着
日本税理士国民年金基金加入申出書資格者証明書の提出が必要です。
ただし、加入申出書の記入漏れや記入不備、口座引落しの届出印の印鑑相違や口座名義人・ 口座番号の記入間違い等により年内の引落しができなかった場合につきましては、 来年以降(平成30年)の社会保険料控除となりますのでご了承ください。
(この場合は、平成29年の社会保険料控除の対象にはなりません)
 


社会保険料控除はその年に実際に支払った掛金全額が対象となります。
国民年金基金は、2ヶ月遅れの引落しとなりますので、例えば10月加入の場合は、 上記の期日までに加入申出書の書類を不備等なくご提出頂ければ、10月分が平成29年の社会保険料控除の対象となります。
(不備等で年内に引落しができなかった場合は、平成30年以降の社会保険料控除となります)
また、残りの年度内の掛金(平成30年3月分迄)を年内に一括で引落し(掛金一括納付)すれば、10月加入の場合ですと、 平成29年10月分〜平成30年3月分の6ヶ月分を平成29年の社会保険料控除の対象とすることも可能です。掛金一括納付申出書の提出期限も平成29年10月18日(水)となります。
(詳細は当基金までお問い合わせください)

上記の期日以降(平成29年10月19日以降)の加入申出書の書類の提出ですと 10月の加入でもその場合は、来年以降(平成30年)の社会保険料控除となりますのでご了承ください。


ご不明な点がございましたら当基金までお問い合わせください。

日本税理士国民年金基金
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-8日本税理士会館5階
フリーダイヤル:0120-211-952  電話番号:03-5435-0821


このページのトップへ戻る
Copyright(C) 2012 Japanese licensed tax accountant national pension fund ALL RIGHTS RESERVED.